エセ・チェンバリスト

最近はこんな楽器も弾いている

ローランド・クラシック・シリーズ 電子チェンバロ C-30
https://www.roland.com/jp/products/c-30/

電子楽器なので、もちろん本物のチェンバロではない

 

 

本物のチェンバロの説明はここが詳しいかな?
http://www.gakkinosekai.com/blog/07

 

ピアノと同じ鍵盤楽器なのに、弾きこなすのは本当に難しい

いかんせん楽器の構造が違う

 

ピアノはハンマーで弦を「叩く」が

チェンバロは弦を「はじく」

 

だからピアノとチェンバロでは奏法がまったく違う

 

ピアノは、指だけでなく、手の甲、手首、腕の重みをうまく使って、自然なレガートを作って演奏する

歌っているイメージかな?

 

チェンバロは、指先で鍵盤の重みを感じ取る
強弱がつけられないため、はっきり発音したり、間を入れたり、装飾音を入れたり・・・

細かいアーティキュレーションが本当に大切

おしゃべりしているイメージかな?

 

そんでもって、この楽器は61鍵しかない
(ピアノは88鍵ある)

ペダルもない

 

 

本当にピアノと違うことばかり

それでも弾かないといけないから

偽物チェンバリストは頑張る 😎

 

 

これがあるのです♪

 

 

まぁ、チェンバロ奏法で体感したことが

ピアノ奏法にも活用できたりするし、

指のリハビリにもなりそうだから、良しとしよう

 

 

 

 

そういえば・・・

この楽器、チェンバロの他にも

オルガンやリュート、チェレスタの音色が出せる

コンサートではオルガンの音色も使う

 

ということはオルガン奏法も勉強しなきゃ

です 😆