京都遠征♪

ベルギー王立リエージュフィルハーモニー管弦楽団

(長いなぁ OPLだね 笑)

リエージュに留学していた時に、聴いていたオーケストラ

そのOPLが日本ツアー!!! 京都公演もある!!!

ということで、G20の影響をちょっぴり心配しつつ遠征してきました

京都コンサートホールはお初

 

プログラムはこちら↑↑↑

 

いやぁ〜懐かしさがこみ上げてきて、なんとも言えない気持ちに・・・

私がいた頃のメンバーは、数人残っているけど、ほとんどが代替わりしていた。

けど、やはりOPLの伝統というか、音色は受け継がれているなぁと感じた。

ドイツっぽい仄暗い音色と、フランスっぽい明るい音色がミックスされた

そんなOPL特有の音色は変わっていなかった。

ブラームスとか、東京公演で演奏したサン・サーンスのオルガン付きとか

得意だもんなぁ・・・♪

お国もののフランクなんかやらせたら、嬉々として演奏するもんなぁ・・・♪

 

今回の日本ツアーに同行しているスタッフ達の動向もずっと観察していた。

「あああ ベルギー人、こんな感じだよ」

だよなぁ だよなぁ

と、一人で懐かしんで、ほろっときてしまった。

あの頃の私を思い出しつつ、ちょっぴり感傷的な気分になりつつ、

でもやっぱりオーケストラはいいなと、心じんわりとなりながら、

京都遠征は終わりました・・・